規約 | 赤間西小学校PTA赤間西小学校PTA

規約

【第一章】 名称

第1条

この会は、赤間西小学校父母教師会(PTA)と称し、事務所を赤間西小学校内に置く。

【第二章】目的

第2条

この会は、父母と教師が手を携え、心身共に健康で明朗な児童の成長をはかるとともに、学校及び家庭教育の充実に努め、校内外の環境の向上をはかり、地域・社会と協力し児童の教育環境と福祉の向上をはかることを目的とする。

【第三章】方針

第3条

この会は、教育を本旨とする自主・独立のものとし、次の方針に従って活動する。

  • 会員の教養と親睦を深め教育の振興を図る。
  • 特定の政党や宗教に偏る事なく、又営利を目的とする行為は行わない。
  • この会の役員名でいかなる営利的企業をも支持しない。又どのような職務の候補者をも推薦しない。
  • この会は他のいかなる団体や機関の支配・干渉を受けない。
  • 学校人事、その他学校行政に干渉しない。
  • 目的を同じくする他の団体及び機関と協力する事が出来る。

【第四章】会員

第4条

この会の会員は次のとおりとする。

  • 学校に在籍する児童の父母、又はこれに代わる保護者。
  • 学校に勤務する教職員。
  • 特別非常勤講師。

第5条

  • 会員は全て平等の義務と権利を有する。
  • 会員は、この会の目的及び方針に従って積極的に活動に参加する。

【第五章】機関

第6条

この会は次の機関を置く。

  • 総会
  • 役員会
  • ボランティアセンター
  • 地域サポーター
  • 特別委員会
  • 各種のサークル部会

第7条

  • 総会は全会員で構成し、この会の最高決議機関とする。
  • 総会は定例総会と臨時総会とする。
    • 定例総会は、毎年1回会計年度終了後、会長が招集する。
    • 臨時総会は次の場合会長が招集する。
      • 会員5分の1以上による要求があった場合。
      • 運営委員会が招集を必要と認めた場合。
      • 会長が招集を必要と認めた場合。
  • 会長が緊急の事情によりやむを得ないと認める場合は、文書による方法で臨時総会を開会し、議決す
    ることができるものとする。

第8条

  • 総会は会員の3分の1以上の出席で成立する。但し、委任状を以って出席とみなすことが出来る。
  • 会議の議決は出席の過半数の賛成で決定する。但し、本規約の改廃については出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。
  • 会長は、第7条第3項の方法により臨時総会を開会する場合は、文書により、あらかじめ議題及び議決事項を明確にするものとする。
  • 前項の規定に基づく臨時総会は、会員の3分の1以上の回答をもって成立することとし、回答の3分の2以上の賛成を必要とする。

第9条

役員会は総会その他会長が必要と認めた事項を審議し実行する。

【第六章】役員

第10条

この会の役員は次のとおりとする。

  • この会の役員は次のとおりとする。
    会長 1名
    副会長 2名
    書記 3名(内1名は教職員)
    会計 2名(内1名は教職員)
    母親代表 1名(女性保護者から選出し、役員・委員との兼任を妨げない。)
    地域連携担当 1名(役員・委員との兼任を妨げない。)
    子ども見守り担当 1名
  • 役員は会員の中から選出し、その任期は原則として2年間とする。但し、再任を妨げない。
  • 役員はその任期中に児童が卒業した場合は、任期終了までその資格を有することができる。
  • 役員は、総会の承認を得るものとする。
  • 役員・学校長・教師代表はボランティアセンター会議及び地域サポーター会議等に出席することができる。
  • 会長に欠員が生じた場合は、原則として副会長が昇格する。
  • 役員に欠員が生じた場合は、原則として、公募により役員を募集する。新たな役員について、役員会で承認し会員に報告する。その任期は前任者の残任期間とする。

第11条

役員の任務は次のとおりとする。

  • 会長はこの会を代表し、会議を主宰し、会務を統括する。
  • 副会長は会長を補佐し、会長が事故などで任務が遂行できない時はその職務を代行する。
  • 書記はこの会の事務を司り、会長の指示により庶務を担当する。
  • 会計は総会で決定した予算に基づいて、会長の指示により一切の会計事務を担当する。
    • 総会において、監査を経た決算を報告する。
    • この会の財産を管理する。
  • 母親代表は、母親部会に出席し、同会の一員として活動する。
  • 地域連携担当は、赤間西地区コミュニティ運営協議会(青少年育成部会)に出席し、同会の一員として活動する。

【第七章】会計

第12条

この会の活動に関する経費は、会費・寄付金・その他の収入を以て充てる。

第13条

会費は総会に於いて決定し、会員はこれを納めなければならない。

第14条

  • この会の一般会計は総会で決定された予算に基づいて執行される。
  • この会の特別会計は、総会の決定に基づいて執行される。
  • この会の会計は、監査を経て総会に報告しなければならない。

第15条

この会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

第16条

この会の旅費、慶弔に関する規定は別に定める。

【第八章】会計監査

第17条

この会の会計を監査するため、2名の監査委員を置く。

  • 監査委員は役員選考委員会で選考し、総会の承認を得る。
  • 監査委員は会計事務を監査し、総会に報告する。
  • 監査委員はこの会の他の役職を兼ねることはできない。
  • 監査委員の任期は2年間とし欠員が生じた場合は第10条第7項の役員の例による。

【第九章】ボランティアセンター

第18条

この会の活動を円滑に運営する為にボランティアセンターを置く。

第19条

ボランティアセンターには、ボランティアリーダーを置くことができる。

第20条

ボランティアリーダーは、ボランティアセンターを総括する。

第21条

ボランティアリーダーは、3名まで置くことができる。その任期は1年までとする。

第22条

ボランティアセンターは、役員会の承認を得て、活動を行うものとする。

第23条

ボランティアセンターが行う活動及びボランティアの募集等は、役員会が別に定め、会員に周知するものとする。

第24条

会員は、第2条の趣旨にのっとり、ボランティアに努めるものとする。

【第十章】 地域サポーター

第25条

地域サポーターは、各地域における会員相互の研修・親睦並びに児童教育に関する事項を立案し、教師会員と協力し、その推進を図るとともに、地域社会における児童をとりまく環境を整え、望ましい教育的環境づくりに努めるものとする。

第26条

地域サポーターの任期は1年とする。

第27条

地域サポーターが行う活動は、地域連携担当又は自治会と協議して決める。

第28条

その他の事項については、ボランティアセンターの例による。

【第十一章】 特別委員会

第29条

この会の活動を円滑に運営するために特別委員会を置くことができる。

第30条

特別委員会は、特定の案件を処理するため、会長の承認のもと置くことができる。

第31条

特別委員会は会長の承認を得て、委員長が招集する。

第32条

特別委員会の任期はその年度の終了までとする。

第33条

特別委員会が立案計画した事項は、役員会の承認を得なければならない。

【第十二章】 各種のサークル・部会

第34条

会員のスポーツの振興や文化の向上を目指し、各種のサークル・部会を置くことができる。

第35条

各種のサークル・部会に関するその他の事項については、細則に定める。

本規約は、

  • 昭和62年4月23日 改正施行
  • 昭和63年4月23日 改正施行
  • 平成3年4月27日 改正施行
  • 平成8年4月20日 改正施行
  • 平成10年4月18日 改正施行
  • 平成16年2月 2日 改正施行
  • 平成17年4月29日 改正施行
  • 平成18年4月22日 改正施行
  • 平成20年4月26日 改正施行
  • 平成31年4月27日 改正施行
  • 令和 3年4月24日 改正施行

各種のサークル部会に関する細則

規約第30条に基づき、各種のサークル部会に関する細則を次のとおり定める。

  • この会の会員を以て構成する。(但し、部会OBは会員とみなす。)
  • 新規に部会を申請する場合、運営委員会に代表者が出席して議案提出をし、総会で承認を得る。
  • 活動費は一般会計より執行される。(但し、年度により特別会計からの執行も有り得る。)
  • 各部会は、定例総会で一年間の活動実績・決算書を報告し、承認を得る。
  • 活動場所として学校施設を使用する時は、学校長の許可を得る。

附則 本規約は、

  • 平成8年4月20日 改正施行
  • 平成16年4月24日 改正施行